seemoreglass’s diary

読んだ本の引用、好きな作品の紹介

【引用】土方正志『震災編集者』

震災編集者:東北の小さな出版社・荒蝦夷の5年間

震災編集者:東北の小さな出版社・荒蝦夷の5年間

被災地と本。あるいは被災者と本。これは実はこの災害列島に暮らす者にとって意外と重要なテーマなのではないか。…打ちのめされた人たちが立ち直るためのひとつのきっかけとなる力を、本は持ってやしないか。生活再建のためのハウツー本だって要る。落ち着かぬ気持ちを鎮めてくれる文学作品もある。厳しい現実からひととき逃れさせてくれる娯楽だって被災地には欠かせない。きっとこれは神戸と仙台だけではない。これからの、未来の被災地でも「あの光景」はおそらくは繰り返される。(115)

各地の被災者が、被災を経験した人たちが繋がり、語り合い、知恵を出し合えば、実のある「復興」を現出させることができるのではないか。被災地の、被災者のネットワークは、次なる被災地と被災者のためのなにかを生み出せるのではないか。これからのこの列島に生きる私たちには普遍的な「被災の思想」が、きっと必要になる。今日を安全に平和に過ごすあなたが、明日の被災者なのかもしれないのだから。(119)