seemoreglass’s diary

読んだ本の引用、好きな作品の紹介

孤独で辛いと思ったときに本があればいいのだと(俺が)自分に言い聞かせるためのメモ

ドン・ウィンズロウ『ストリート・キッズ』 ストリート・キッズ (創元推理文庫)作者: ドンウィンズロウ,Don Winslow,東江一紀出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1993/11メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 184回この商品を含むブログ (89件) を見る 読書は…

【音楽】2016年4月に聴いたものその3――メロウ&ファンキー

Brandon Coleman SELF TAUGHT [帯解説・ボーナストラック1曲収録/ 日本独自企画 / 国内盤] (BRC492)アーティスト: BRANDON COLEMAN,ブランドン・コールマン出版社/メーカー: BEAT RECORDS発売日: 2015/12/02メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見るPi…

【音楽】2016年4月に聴いたものその2――超絶技巧系

コメントは気が向いたらするかもしれない(しないかもしれない)。 山中千尋 モルト・カンタービレアーティスト: 山中千尋,ベン・ウィリアムス,ジョン・デイヴィス出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2013/08/14メディア: CDこの商…

【音楽】2016年4月によく聴いたものその1――アリゾナ砂嵐または怪獣咆吼系

Apple Musicを始めて気になるものを片っ端からマイミュージックに追加して聴いているのだが、収拾がつかなくなっているのでメモ代わりにブログに書いておく。 YouTubeへのリンクを大量に貼ると重くなるので何回かに分けます。まずはアリゾナ砂嵐または怪獣咆…

【引用】土方正志『震災編集者』

震災編集者:東北の小さな出版社・荒蝦夷の5年間作者: 土方正志出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/02/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る 被災地と本。あるいは被災者と本。これは実はこの災害列島に暮らす者にと…

【引用】田口幹人『まちの本屋』/伊藤清彦『盛岡さわや書店奮戦記』

まちの本屋 知を編み、血を継ぎ、地を耕す作者: 田口幹人出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2015/11/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 本を取り扱うという意味において、本屋と図書館が並列で論じられることがあります。しかし僕は、図…

【引用】倉橋由美子の罵倒芸(『最後の祝宴』より)

最後の祝宴作者: 倉橋由美子出版社/メーカー: 幻戯書房発売日: 2015/05/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る倉橋由美子の罵倒芸が堪能できるエッセイより。 これから江藤淳さんにむかって突如罵詈雑言をならべるのは、生意気で憎らしい男の…

【引用】角田光代、穂村弘『異性』

異性 (河出文庫)作者: 角田光代,穂村弘出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2014/11/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 思うに、恰好いいとかもてるとかには、主電源というかおおもとのスイッチみたいなものがあって、それが入っていない…

【引用】山田風太郎『あと千回の晩飯』

あと千回の晩飯 (朝日文庫)作者: 山田風太郎出版社/メーカー: 朝日新聞社発売日: 2000/05メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 18回この商品を含むブログ (25件) を見る 思うに人生は、夢や幻想がさめてゆく過程だといっていい。 親は子に対して、子は親に対し…

【引用】スベトラーナ・アレクシエービッチ『チェルノブイリの祈り』

チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)作者: スベトラーナ・アレクシエービッチ,松本妙子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2011/06/17メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 57回この商品を含むブログ (13件) を見る だれかが忠告してくれた。「忘れ…

【引用】佐藤剛史『大学で大人気の先生が語る〈恋愛〉と〈結婚〉の人間学』/南野忠晴『正しいパンツのたたみ方』

大学で大人気の先生が語る〈恋愛〉と〈結婚〉の人間学 (岩波ジュニア新書)作者: 佐藤剛史出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/06/20メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る 朝、仕事に出かける時に、「いってらっしゃ~い」と妻や子供が見送っ…

【引用】ジム・トンプスン『ポップ1280』

ポップ1280作者: ジムトンプスン,Jim Thompson,三川基好出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2000/02メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (24件) を見る 男は微笑んだ。ミツバチのケツほどの口が、横に広がって、やっと歯が一本見えた…

【引用】栗原康『はたらかないで、たらふく食べたい』

はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言作者: 栗原康出版社/メーカー: タバブックス発売日: 2015/04/21メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る これだけ仕事がなくなっているのだから、もうみんなでたす…

【引用】木村草太/柴田元幸『現代語訳でよむ 日本の憲法』

CD付 現代語訳でよむ 日本の憲法作者: 木村草太,柴田元幸出版社/メーカー: アルク発売日: 2015/08/07メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る また、憲法には、「私たちはこういう国ですよ」と世界に分かりやすくアピールする役割もあります。つ…

【引用】黒田龍之助「物語を忘れた外国語 第一回 ライ麦畑の語学教師」

小説新潮 2015年 11 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2015/10/22メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る 言語学がどれだけ物語から離れようとも、語学から文学への道を歩んでいく学習者はこれからもいるに違いない。検定試験漬けで会話至上主…

【引用】『読んで、訳して、語り合う。都甲幸治対談集​』

読んで、訳して、語り合う。都甲幸治対談集? (立東舎)作者: 都甲幸治,いしいしんじ,岸本佐知子,堀江敏幸,内田樹,沼野充義,芳川泰久,柴田元幸,藤井光,星野智幸,小野正嗣,ポートレーターmiki出版社/メーカー: リットーミュージック発売日: 2015/10/09メディア:…

【あらすじ】【引用】シェーアバルト『セルバンテス』(垂野創一郎訳)

セルバンテス作者: パウルシェーアバルト,Paul Scheerbart,垂野創一郎出版社/メーカー: 沖積舎発売日: 2015/09/17メディア: 単行本この商品を含むブログを見る20人の鍛冶屋たちが環状に並びいっせいに地面を搗くやいなや、床が裂けてそこから文豪セルバンテ…

【あらすじ】W・W・ジェイコブズ「猿の手」(柴田元幸訳)

ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース(柴田元幸翻訳叢書) (Switch library)作者: 柴田元幸出版社/メーカー: スイッチパブリッシング発売日: 2015/07/07メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見るホワイト氏はある晩やってきた客からミイラ…

【引用】ミシェル・ウエルベック『プラットフォーム』(河出文庫)

プラットフォーム (河出文庫)作者: ミシェルウエルベック,Michel Houellebecq,中村佳子出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2015/10/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る フランスが《色事》と《放蕩》の国だなんて言いふらしたのは誰だ? …

【あらすじ】チェーホフ「いたずら」(松下裕訳)

ポケットアンソロジー この愛のゆくえ (岩波文庫)作者: 中村邦生出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2011/06/17メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る語り手のわたしはナージェニカという女の子を橇遊びに誘う。ナージェニカはこわがってなかなか…

【あらすじ】D・H・ロレンス「木馬の勝者」(『ロレンス短篇集』所収)

ロレンス短篇集 (岩波文庫)作者: ロレンス,D.H. Lawrence,河野一郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1986/01/16メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (1件) を見る主人公ポールの母親はいつも「もっとお金がなくては!」と嘆いている。…

【引用】小池昌代『屋上への誘惑』

屋上への誘惑 (光文社文庫)作者: 小池昌代出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/01/10メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 15回この商品を含むブログ (19件) を見る どんなに上品な言葉であっても、借り物の言葉は、下品なものである。結局その言葉を、誰がど…

このブログについて

読んだ本の引用、好きな作品の紹介をするブログとなる予定